1. 笑顔の君に歌詞

「笑顔の君に」の歌詞 +Plus

2009/12/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
見慣みなれたはずのホーム
あのころとなにひとつ
わらない だけどいま
やさしい気持きもちになれる

うご電車でんしゃまど
きみぼくとおざけてく
そんな日々ひびいまならもう
笑顔えがおはなせる

これからはもうきみだけひとり
のこしたままでることもない
ふたりおな駅同えきおな電車でんしゃ
おな未来みらいかってる
どこまでも どこまでも
つづいてくみちうえ
そんなふたりの
らしがきざまれる

どんなにとおくても
どんな確率かくりつでも
ぼくらが出会であえたこと
それは必然ひつぜん
そしてひとつになる

きみ笑顔えがおになる
いとしい気持きもちあふれる
とおざかるホームの枕木まくらぎ
そっと西日にしびちる

けばいくつもの
おもつづられて
よろこびとせつなさは
いつだって背中合せなかあわせ

えない日々ひび不安ふあんとか
気持きも何度なんどたしかめたり
くだらない すれちがいも
いまならわらえる

あのころいつもきみ
指折ゆびおかぞえてごしていた
そしてわかぎわはいつだって
きみかせた だけどもう
いつまでも いつまでも
きみをただまもるから
ぼくしんじて
ずっとそばにるから

ねがいがかなうとも
いのりがとどくとも
ぼくらがこうしてること
それだけでいい
世界せかいわるとも
ときながれるとも
わらぬ気持きもちがここに

どんなにとおくても
どんな確率かくりつでも
ぼくらが出会であえたこと
それは必然ひつぜん
そしてひとつになる
きみ笑顔えがおになる
いとしい気持きもちあふれる

ねがいがかなうとも
いのりがとどくとも
ぼくらがこうしてること
それだけでいい
世界せかいわるとも
ときながれるとも
わらぬ気持きもちがここに
100年先ひゃくねんさき色褪いろあせない
あいきみおくるよ