1. JUNK CITY歌詞

「JUNK CITY」の歌詞 Λucifer

2000/8/2 リリース
作詞
YUKINOJO MORI
作曲
CHISATO
文字サイズ
よみがな
hidden
あつ眩暈めまいよう
とりかげまち横切よぎ
美空みそらべる
ゆめもいつか なくなった
スクランブルのれで
きみらず きみ出逢であ
粗悪そあくな Destiny
シャツのあせ
ザラつくだけ
ジャンクな日々ひびてに
孤独こどくあいした
巨大きょだいなビルボードの
微笑ほほえみにもそむけて
らめく陽炎かげろうだけが
えている
アスファルトは
はじめた迷路めいろ
戸惑とまど逆光線ぎゃくこうせん彼方かなたから
いまきみこえがする
スプレーがちた
ガードした落書らくがきさえ
つめたいかぜ
さらされてるそんな時代じだい
自分じぶんわけする
ボキャブラリー
だけがえて
皮肉ひにくな Sympathy
イラダチならわかりあえる
チープな欲望よくぼうより
自由じゆうえらんだ
アウトサイドの地図ちず
傷痕きずあとにも ているけど
らめく陽炎かげろうだけが
えている
アスファルトは
はじめた迷路めいろ
おもひとつも
のこせないおれ
ブーツのあと けて

こごえたほのお運命うんめいきみ
かざせば
むねがすだろう
らめく陽炎かげろうだけが
えている
アスファルトは
はじめた迷路めいろ
戸惑とまど逆光線ぎゃくこうせん彼方かなたから
いまきみこえがする