「悲しきヘブン」の歌詞 ℃-ute

2012/9/5 リリース
作詞
つんく
作曲
つんく
文字サイズ
よみがな
hidden
ながぼし ねがいをめれば
きみつたわるの
このまち孤独こどくほど
景色けしきんでく

涙星なみだぼし ほほながれてる
わたしなみだ
くやしくて くんじゃない
きてるあかしなんだよ

むねいやすようなこのメロディ
ひとりだけどなぜかひとりじゃないような
気分きぶんになれる

かなしきヘブン こころかわくけど
たったひとゆめがあるだけで
わたしはそれで充分じゅうぶん

セブンスヘブン いつかはたどり
このてなき宇宙そらけば まようこともあるだろう

ながぼし 都会とかいじゃえない
現実げんじつなか
今夜こんやだけ ひとりじゃない
そんなかんじがしてる

ためいきで 言葉ことばにならない
瞬間しゅんかんもあるが
さみしくて ふるえていた
あのころなつかしいな

とお過去かこなんてどうでもいい
明日あすになればきっとまぶしいひかり
このはい

かなしきヘブン いたんだつばさでも
それがかなことしんじなきゃ
わたし意味いみがない

セブンスヘブン あおいこの地球ほしから
とおきゴール目指めざすだけさ きなことならつづ

かなしきヘブン こころかわくけど
たったひとゆめがあるだけで
わたしはそれで充分じゅうぶん

セブンスヘブン いつかはたどり
このてなき宇宙そらけば まようこともあるだろう

ながぼし ねがいをめれば
きみつたわるの
このまち孤独こどくだけど
きみ出会であえたまちだから