「徒夢」の歌詞 ←P,初音ミク

2015/1/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめめた。くもったそら
とおく、あめうつむく。

「…―――。」

電車でんしゃまどした。
まぶしくってほそめた。
うばわれた『指定席していせき』。
位置いちも、確保かくほできず。

あ、そっか。
そんなもの最初さいしょっからなかったっけ?
まぁいいや。いつものことです。

ゆめ辿たどいたこのしょは、
ただの『希望きぼう廃棄はいき工場こうじょう』でした。
きそいあいつぶされたこころ行方ゆくえは、曖昧あいまい未来みらい
それはそれは、かってたはずの『現実げんじつ』ってやつでした。

ゆめせられて、
ゆめおぼれてた。
いたらもう、
だれなかった。
一人ひとりぼっちの迷子まいごこころは、
曖昧あいまい拍子ひょうしにぷかりかぶんだ。

進行しんこうしたがって、不安定ふあんていはくきざみます。
元々もともと宇宙うちゅうにぽかんとひとつ、いてるだけのほしなんです。
そんなうえでバランスたもって、
太陽たいようつきあいだあたりで、毎日まいにち必死ひっしきています。

きています。

ゆめえがいて辿たどいたこのしょは、
ただの『希望きぼう廃棄はいき工場こうじょう』でした。
かってたはずの『現実げんじつ』なのに、
どうしてなみだまないんだろう……。

ゆめめて、いきもできなくなった。
此処ここ冷却れいきゃく処分しょぶんしましょう。
最後さいごだね、いままでありがと、ね。
此処ここねむる、『みんな』の―――。
Good night. Good night.
沢山たくさんゆめ一緒いっしょに、

おやすみ。