「杏里へ」の歌詞 √9(ルートナイン)

2010/10/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
おぼえてる?ぼくらが 出会であった あのときあのみせでのこと
まえたし花柄はながらワンピ ぼく横座よこすわっていたっけ

ひたすらみんなの注文ちゅうもん ちいさくうなずきこなして
ぼくのつまらないはなしにだって やさしくわらってくれた

ありがとうこころから うれしかったよ たすかったよ れくさいけれど
あのときからぼくは、おまえとりこになることをちかったんだ

とどくかい ぼく気持きもちが つたわるかい ぼく気持きもちは
どれだけ おまえきか かるかい かるかい いつもおまえがすべて

出会であったあの乾杯かんぱい つけた本当ほんとうのときめき
ぼく気持きもちをぼくねがいを 勇気ゆうきだしてきりだした

もう一度会いちどあいたいと 明日あしたでも何時いつでもいいからあおうよ
なにかんじたんだ 言葉ことばではあらわせないなにかを おまえ

とどくかい ぼく気持きもちが つたわるかい ぼく気持きもちは
どれだけ おまえきか かるかい えるかい いつもおまえがすべて

まえはどんなことかんがえて一緒いっしょに いてくれてるか わからないけど
出会であいくれた神様かみさまに、出会であってくれたおまえ感謝かんしゃしているからね ずっと

ねぇ杏里あんり ぼく気持きもちが つたわるかい ぼく気持きもちは

どれだけ おまえきか かるかい かるかい いつもおまえがすべて

まもるから おまえのとなりで 約束やくそく まもるから
うれしいとき かなしいとき いつもとなりにいる
だから こっちにおいで