1. 六本木あたり歌詞

「六本木あたり」の歌詞 あい&優

1983/1/1 リリース
作詞
池田真知子,峰尾勝己
作曲
武谷光
文字サイズ
よみがな
hidden
さらさらロアに
かぜ
ゆらゆら浮気うわき
このもゆれる
アマンドあたりで
さそわれて
うつろなひとみ
タワーがゆれる
一本いっぽん二本にほん三本目さんぼんめ
うわさのローソクともしても
四本よんほん五本ごほん六本木ろっぽんぎ
一夜明いちやあければえるまち
今夜こんやわたし
あかりをともして…
キラキラネオンは
ひかほし
ふらふらまぐれ
夜風よかぜって
アマンドあたりで
こえかけて
肩寄かたよあるけば
狸穴通まみあなどお
一本いっぽん二本にほん三本目さんぼんめ
最後さいご煙草たばこ
をつけて
四本よんほん五本ごほん六本木ろっぽんぎ
かげかさなる街灯まちあか
夜明よあけがるまで
二人ふたりもうよ…

チラチラゆめまで
いかけて
くらくらくちづけ
かわせば さめる
アマンドあたりに
かえされて
わかれしましょう
外苑通がいえんどお
一本いっぽん二本にほん三本目さんぼんめ
おんな溜息数ためいきかぞえても
四本よんほん五本ごほん六本木ろっぽんぎ
わるなみだてたまち
だれでもいいから
おくってちょうだい
だれでもいいから
おくってちょうだい