「かげぼうし」の歌詞 いきものがかり

2008/12/24 リリース
作詞
山下穂尊
作曲
山下穂尊
文字サイズ
よみがな
hidden
一筋ひとすじなみだこぼれた かりのえた街灯がいとう
まるあたしのかげぼうし はなれないでと今祈いまいの
あなたがくれたしあわせはあの夕日ゆうひこうにえて
せわしなくながれてくくも あたしにかってった

ありのままにえがゆめ おもうままにこのでカタチに出来できればなぁ

しぼったこえがあなたに いつかきっととどくなら… そんなことかんがえる
今止いまとまったときえたら さらに一歩踏いっぽふして あたしいま とりになる

ふゆおとずれをげたのはせつなさにまった涼風すずかぜ
うっすらとえてくかげぼうし そばにいてとねがったのにな

あの日触ひふれたあなたの もっとつよにぎかえしてしかったなぁ

わらったこえたしかに あのきっとこえたよ もう一度いちど… なんてほら…
またうるんだ瞳拭ひとみぬぐって見上みあげたんだ そうしたら 満天まんてんほし

まぎんだやみけたらわたったあさる いつのかまたえる
わたったあさひかりあふしたそのさきをあたしまたある

しぼったこえがあなたに いつかきっととどくなら… そんなことかんがえる
今止いまとまったときえたら さらに一歩踏いっぽふして あたしいま とりになる