1. ぬくもり歌詞

「ぬくもり」の歌詞 いきものがかり

2013/7/24 リリース
作詞
山下穂尊
作曲
山下穂尊
文字サイズ
よみがな
hidden
あの きみがくれたその言葉ことばが いつのでもぼくささえていて
さりなくるその背中せなかを もうすこしだけていたいとおもった

ふるさとにくはずのあわはな 何故なぜだろうそのはなにおいがした
たしかなことなどなにもないから 不確ふたしかな明日あしたしんじてみるよ

そう とおこえたのはわらないメロディー いつでも

言葉ことば出来できないほどのつよあいぼくむねのうちをけてく
どうして なんで こわくてそむけた いたっていいんだよ それもぼくらなんだよ
あいするものをまもりたくて 暗闇くらやみをひたすらにけてゆく
わすれないで ぼくがまだここにいる ぬくもりのなかつけた「ありがとう」

あのまちくとめたのは かざらないやさしさのきみの言葉ことば
とおはなれてつまはじいた日々ひび一抹いちまつ希望きぼうかさねてみるよ

そう つよしんじたのはあたたかい未来みらい いまでも

こころかかえた孤独こどくむなしさと だれ笑顔えがお裏闘うらたたかってる
そうしてないとこわれてしまいそうで つよくなくていいんだよ それがぼくらなんだよ
あいする意味いみをまたもとめて きみのその面影おもかげれてみる
わすれないよ ぼくらならあるけるよ この日々ひびなかこたえはあるだろう

言葉ことば出来できないほどのつよあいぼくむねのうちをけてく
どうして なんで こわくてそむけた いたっていいんだよ それもぼくらなんだよ
あいするものをまもりたくて 暗闇くらやみをひたすらにけてゆく
わすれないで ぼくがまだここにいる ぬくもりのなかつけた「ありがとう」
つけた「ありがとう」