「キラリ」の歌詞 いきものがかり

2014/12/24 リリース
作詞
水野良樹
作曲
水野良樹
文字サイズ
よみがな
hidden
きたいなんてわないよ
素直すなおになれないふたりの
もどかしいこの距離きょりえたい
おさえられない気持きもちを
背中せなかにそっとつぶやいたんだ
きみのこころへ キラリ つのるおも

ときまったような そんな不思議ふしぎ瞬間しゅんかんだった 突然とつぜんきみをつかんだ
信号しんごうわって はなれていってしまうのがいやで もうすこしだけってこころった

どこかせつないきみ横顔よこがお
やさしくらすひかりにほら
わたしはなれるかな

きたいなんてわないよ
いつでもきみのとなりで
いちばんにその笑顔えがおせてよ
わすれられない時間じかん
ふたりでちゃんとつくりたいんだ
きみのこころへ キラリ つのるおも

れた坂道さかみちを ふたり自転車じてんしゃりていく かぜほおやさしくなでる
大事だいじにしたいのは なに特別とくべつなことじゃない こんなふうに わらいあうこと

いつか今日きょうおもせるかな
あこがれる未来みらいでもね
ならんであるきたい

しろくもこうを
ふたりでずっとみていたよ
すこしずつ気持きもちをかさねた
わりかけの季節きせつ
なぜかねきゅうにさびしくなるの
いまもう一度いちどきみに「き」とうよ

ずっときみのそばにいるから
つたえたくておもいがいま
こころにあふれてる

かないこいをしたいよ
ひとりじゃないとつたえるよ
わたしだってつよくなれたんだ
あおそらにはじめよう
あたらしいゆめをふたりでみるの
きみのこころへ キラリ つのるおも
いつまでも キラリ つのるおも