「ソプラノ」の歌詞 いきものがかり

2008/2/13 リリース
作詞
山下穂尊
作曲
山下穂尊
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめたとおあめが あたしのかたつめたくらす
ほほつたうそのしずくなみだだとってわれかえ

ちがえたこたえが 二人ふたりあいえた
過去かこもどちからいくせに つよがりの鼓動こどう

あの日見ひみつけたこい欠片かけらは あたしのなかでいつかえたの?
もう二度にどとどかないあなたのおも理由りゆうさえもういの?
そそあめはただやさしく こぼれちてくなみだをかばう
夕暮ゆうぐれがしたあめかおり それだけが唯一優ゆいいつやさしい…

ころした涙声なみだごえ弱々よわよわしくもまだふるえて
ウソなんだとわらいたいのに 最後さいご言葉ことばはもうえない

二人ふたりはなしたゆめ はじめてつないだ
ただすべてがひたすら むねおく 現実げんじつける

あの日届ひとどいたこい魔法まほうは あなたのなかできっとえたの
出逢であったあのころゆめさが意味いみいことだってかってる
もうすこしだけそばにいたいと あのとき何故なぜそうえなかったろう…
さえぎるようにもこえた四文字よんもじ わないでとねがったのに…

あるしたあたしの歩幅ほはばは あのよりも不確ふたしかだけれど
覚束おぼつかない靴音くつおとみみをすます いつかまたわらえるかな
めぐめぐ幾重いくえ時間じかんは それでもあたしの宝物たからもの
何一なにひと色褪いろあせぬおもだけこのむねにそっとしまおう このむねにそっとしまおう