1. ハジマリノウタ~遠い空澄んで~歌詞

「ハジマリノウタ~遠い空澄んで~」の歌詞 いきものがかり

2009/12/23 リリース
作詞
山下穂尊
作曲
山下穂尊
文字サイズ
よみがな
hidden
とおくにえた街並まちなみ いつのにかちかった景色けしきおな
おびえててなくなっても なみだにじ明日あすおしえてくれる

きみからもらった言葉ことば ぼくきる意味いみらしてくれた
「もうすこつよくなれたら…」なんておもってみても仕方しかたないよ

ゆめ途中とちゅう」そう気付きづいたら なんだかちょっとらくになって
こたえなどくていいんだよ ぼくほほすこあけまる

とおえたそらんでいて 泡沫うたかた日々ひびまよわんとした
るぎないこのむねなかおもいをたくして おもいをしんじて
ぼくはただ明日あすあるこう たとえそこにねがとどかずとも
わらないあの言葉ことばだけを このかかえて このかかえて

きみとね 出逢であったことがえなくなった場所ばしょしめしてくれた
そうしてわかえたよ ぼくきみおんなよわさをってる

どうしてなんだ?みんなかかえてるこわさや不安ふあんかくしたりして
つよくない」ってそうったら くらにごったやみあかとも

つたえたいことがあふれてきて あのそらこうへながれてゆく
ぎこちない言葉ことばでしかないけど 今伝いまつたえたくて 今届いまとどけたくて
連綿れんめんとゆく時間ときなかぼくたしかにここで呼吸いきをする
やわらかいひかりびれば またまして またあるせる

ぼくきた「あかし」をのこそう それをいつのか「ゆめ」と名付なづけよう
つつましくも意味いみる「あかし」を 意味在いみある「ゆめ」だと たしかな「ゆめ」だと
ぼくは「いま」をしんじてあるこう たとえそこにいのかなわずとも
まれゆくすべての言葉ことばたちを このかかえて このかかえて