1. プラネタリウム歌詞

「プラネタリウム」の歌詞 いきものがかり

2008/10/15 リリース
作詞
水野良樹
作曲
水野良樹
文字サイズ
よみがな
hidden
満天まんてん夜空よぞらから はぐれたホウキぼし
まるでぼくらのようだと きみやさしく微笑わらった
わずかな希望きぼうすべてを かがやきにえたくて
けなげなそのひかりぼくらはゆめたくした

ひとりじゃないとって このつよくなれた
いまはもうこえないそのこえぼくはまた うなずいて

かなしみのよるえて ぼくらはあるつづける
ねがいは おもいは てしない宇宙そら夢見ゆめみてしまうから
たとえひとときだけでも きらめくことができたら
こころは ほら いま こぼれたひかりばすよ

きみがくれた手紙てがみを まだてられないまま
何度なんどんだ文字もじに 「ありがとう」とした

はるかなまちのかなた きみにもえてるかな
「さよなら」やさしいこの場所ばしょから ぼくもまた 旅立たびだつよ

かなしみがいつかそこで ぼくらをめようとも
ねがいは おもいは うつくしい明日みらいえがいていくから
たとえまぼろしだとしても つけることができたら
こころは ほら いま こぼれたひかりばすよ

かなしみのそのこうで きみとまた出会であえるまで
ねがいは おもいは るぎない閃光ことばつたえていくから

かなしみのよるえて ぼくらはしんつづける
ねがいは おもいは わらない生命せかい夢見ゆめみてしまうから
たとえひとときだけでも きらめくことができたら
こころは ほら いま こぼれたひかりばすよ