1. 君と歩いた季節歌詞

「君と歩いた季節」の歌詞 いきものがかり

2007/3/7 リリース
作詞
水野良樹
作曲
水野良樹
文字サイズ
よみがな
hidden
とぼけたこえが やけにやさしく ぬくもりはぐれたむねひび
きらいなほど きになった あのころ微笑わらって
たとえばつらねた言葉ことばかず あますほどにつむいだおも
かえれば 落葉おちばのように 秋風あきかぜえた

何気なにげないかおして はにかんでわらってくれたから
まっすぐなおもいだけ あざやかに むねなかのこされていくよ

つないだたしかめる わずかにゆびがふるえる
わりゆく このこいいまとまどうのはなぜ
きみのひとみつめても こえはむしろとどかない
いまは ほほえみを いのるだけ

おもいはとうにえたはずでも あいまいにこころはうずいてる
わすれられる ほどつよくは ないとわかって

明日あすきる意味いみはじめたゆめにたくすよ
ざされたまんまの 世界せかい今大いまおおきく うごしていくよ

つないだせる わずかにほほがふるえる
わりゆく このこいに はじめてける
きみえらぶこれからが たしかなものであるように
いまかがやきを いのるだけ

ふたりだけの季節きせつの ラストページをめくったら
別々べつべつ旅路たびじ今小いまちいさく そしてつよしていくよ

しずかにそのはなす わずかにこえがふるえる
わりゆく このこいまよ理由わけなどもうない
さよなら いとしきひとよ こらえてそら見上みあげる
きみの ほほえみを いのるだけ