1. 夏・コイ歌詞

「夏・コイ」の歌詞 いきものがかり

2007/3/7 リリース
作詞
山下穂尊
作曲
山下穂尊
文字サイズ
よみがな
hidden
まる見開みひらいたけっしてしずまない太陽たいよう ぼくさき想像そうぞうしてみる
とおのくあめうれいをもうかおなつにおいに たくしてぼくなつつつまれてく

あさもやをけてみちとおはるつづくそれはうみようなにもかもを
もくらむほど太陽たいようぼくらを容赦ようしゃなくらしつづけ やがて褐色かっしょくはだになる

れるゆびほどくのはまだはやいみたい ぎこちなさののこ会話かいわをしたりして
ふいに気付きづ夕日ゆうひきみなにおもなみのざわめき かぜのささやき
火照ほてったほほ

まる見開みひらいたけっしてしずまない太陽たいよう ぼくさき想像そうぞうしてみる
とおのくあめうれいをもうかおなつにおいに たくしてぼくなつつつまれてく

ながびるそのかげしずかにキスして やがて次第しだいおとずれるだろう満天まんてん星空ほしぞら
夕凪ゆうなぎときとしてむね鼓動こどうかすかな呼吸こきゅうでさえ このみみとどかせる

簡単かんたん言葉ことばにだって躊躇ためらいながらのこえ 確信かくしんせま言葉ことばとはれないし
もどかしさにだまってぼくなにおもぎたあのなつ これからのなつ
二人ふたりらす月明つきあかり

いったいぼくらの未来みらいはどんくらいのスパンでもって からんでんだ?なんて 想像そうぞうしてみる
このなつまれるこい永遠えいえん時間じかんとなって 二人ふたりうちいろえれたらいい

すこつめたいみずをすくいました
なみだあじ気付きづぼくよみがえ記憶きおくにだってなん抵抗ていこういだかない
季節きせつまわ季節きせつまわおなすなうえ

かるながしちゃったこえもいつだっていていたいよ 素直すなおおもいが脳裏のうりをよぎる
ありふれるこい原形げんけい形変かたちかえてくように 二人ふたりこいなつつつまれてく

ちいさなこいよ いつしかはなになれ