「夏色惑星」の歌詞 いきものがかり

2008/7/9 リリース
作詞
山下穂尊
作曲
山下穂尊
文字サイズ
よみがな
hidden
ました太陽たいようわたしたちをそら下連したつした
かわききったこたえなら やぶててまたべつゆめ

すないたふたつの文字もじ すこれてなみした
れてにぎ人差ひとさゆび なつはじまりをしめしてる

かぜ背負せおって 波間なみまいて わたしたちは今飛いまとすよ
れたこたえだけじゃなにわらないでしょ?
いまえがいて 明日あしたって 太陽たいようにそのをかざせば
えないはずの未来みらいすこしだけどかおせるよ

まったすなうえ きみわら横顔よこがおのぞ

とおえたきみとなり いまはあたしの宝物たからもの
きみせた秘密ひみつ文字もじ こいはじまりをかんじてる

そのをとって そらあおいで 二人ふたり足跡あしあとのこすよ
なつぬすまれたこいひとつのカタチなんでしょ?
ただって 二人笑ふたりわらって 火照ほてったそのほほませば
出逢であえたなつ世界せかいとびらがいつのにかひらくよ

れてえたふたつのかげ 夕暮ゆうぐれをかさなった
キラリひか一番星いちばんぼし そんな二人ふたり見守みまもってる

かぜ背負せおって 波間なみまいて わたしたちは今飛いまとすよ
れたこたえだけじゃなにわらないでしょ?
いまえがいて 明日あしたって 太陽たいようにそのをかざせば
えないはずの未来みらいすこしだけどかおせるよ