「心一つあるがまま」の歌詞 いきものがかり

2007/10/24 リリース
作詞
山下穂尊
作曲
山下穂尊
文字サイズ
よみがな
hidden
れたはりわれてあたしはまた明日あす目指めざ
いつかゆめつづきはまだむねなか宿やど
失敗しっぱいもしてるもんね もう何回なんかいもだもんね そんなことでたゆまぬ時間じかんらがない

ざされたとびらまえにたたずむあたしの背中せなか
どうえるのか なにかたるか それすらに意味いみ
平均値へいきんちさがして安心感あんしんかんひたったうれうべき自分じぶんはもうここにはいない

あいするべきこの日々ひびって 延々えんえんつづ現実げんじつにキスをして
感情かんじょう波間なみまをゆらゆらただよって たしかに今生いまいきる

想像力そうぞうりょくいきをしたあののあたしにえる この場所ばしょかがやきをまたはな
勇敢ゆうかんなフリをしたつよがるあたしをてて 手招てまね唯一無二ゆいいつむに未来みらい

心一こころひとつあるがまま

された椅子いすってそれでもまたまえ目指めざ
とおざかるのはしろくも脆弱ぜいじゃくなあたし
案外単純あんがいたんじゅんじゃんね 価値観かちかんなんだもんね 一頻ひとしきりのあたしの要素ようそくずれない

煌々こうこうひかさき指差ゆびさして そばにいる人々ひとびとって
かぎりの限界げんかいをイメージして たしかに今走いまはし

透明感とうめいかんめられたかがやくあたしにえる 気付きづかぬうちに鼓動高こどうたかまる
聡明そうめいなフリをしたいつわるあたしをてて きしめつづけるこの身体からだ心一こころひとつあるがまま

等身大とうしんだいのままじた まぶた裏側うらがわにいるいつかのあたしが背中せなかして
本当ほんとうっていた「かざらぬあたしでいい」って

ただひたすら そう ただひたすらに…

想像力そうぞうりょくいきをしたあののあたしにえる この場所ばしょかがやきをまたはな
勇敢ゆうかんなフリをしたつよがるあたしをてて 手招てまね唯一無二ゆいいつむに未来みらい

心一こころひとつあるがまま

そう 心一こころひとつあるがまま