1. 恋詩歌詞

「恋詩」の歌詞 いきものがかり

2012/2/29 リリース
作詞
山下穂尊
作曲
山下穂尊
文字サイズ
よみがな
hidden
からまった蜘蛛くもがあたしを指差ゆびさして うわついたむねおく皮肉ひにくげる
快楽かいらくおぼれしひとなみだはかなゆめあかし
彼方かなたきるたみにあたしは無力むりょく うれうべき運命さだめなにいの
現実げんじつながれしひとなみだまぶしきゆめたましい

垣間見かいまみこころ中咲なかさ一輪いちりんはないろえぬ
妖艶ようえんうるわしきつみ忌々いまいましきあいともりし

よるえあたしの夢今開ゆめいまひらむねなか宿やどりしこいうた
一夜いちやたわむれよ」とたんとして はなむけことばささげましょう

せつなきむねうち一向隠ひたすらかくして 今宵こよい静寂せいじゃく吐息といきける
甘美かんびくちびるつた指先ゆびさき ひそかにれてゆく

さんざめくひかり中待なかま罪深つみぶかひとかげえぬ
永遠えいえんうたわれしつみはかなあいのもとに宿やど

日々ひびえあたしの夢今散ゆめいまちらし むねなかとびらざしましょう
一夜いちやたわむれにも煌煌こうこうさかりしあいましましょう

無造作むぞうさからんだゆびいま このむねほとぼりはえよう
恍惚こうこつあえこえそら日溜ひだまりのはなわるのです また芽吹めぶくのです そうきるのです

やがてときひとわるもの つよはかなあいきるもの
つれなき恋路こいじをただはばむのは「あたし」という影無双かげむそう

よるえあたしの夢今開ゆめいまひらむねなか宿やどりしこいうた
一夜いちやたわむれよ」とたんとして はなむけことばささげましょう