1. 月とあたしと冷蔵庫歌詞

「月とあたしと冷蔵庫」の歌詞 いきものがかり

2008/2/13 リリース
作詞
山下穂尊,吉岡聖恵
作曲
山下穂尊
文字サイズ
よみがな
hidden
真夜中まよなか一人ひとりきり冷蔵庫れいぞうこけて 窓開まどあけてむしこえいて
スプーンにせたアイスがゆっくりとけてゆく それをつめてたらむねがキュンとした

いつからあたしはあたしをつくったんだろう… 冷蔵庫れいぞうことびらじる勇気ゆうきもない…
不安ふあん気持きもちがひとむねなかめぐわりえのないこの日々ひびきずつけよう

まど隙間すきま見上みあげた黄色きいろ満月まんげつはあたしに気付きづかないフリしてくもかくれた
きみがそこにるんならあたしはあるけるわ 「かぼそれるひかり、あたしをらしてくれ…」って

さけんだとして いつもねがったとして いつか不安定ふあんてい距離きょりえてこうよ
ひとつのタメいきのこさないで あたしというかがやきをはな

真夜中まよなかつきやさしい 喧噪けんそう火照ほてりをしずかにしずかにましてくれるのはきみ
すアイスをそっとくちびるにあてて ゆっくり冷蔵庫れいぞうことびらめよう

かたりかけた三日月みかづき一段いちだんんでて たりまえのように今日きょうわらってくれた
じかけたまどからのぞいたひかりつぶすこしだけ躊躇ちゅうちょしたあたしをつつんでくれる

等身大とうしんだいとなって今日きょう見合みあ距離きょりって いつか出逢であ優柔ゆうじゅうなあたしもえてこうよ
Yesイエス,Noノーったふたつの世界せかいれてこう つき冷蔵庫れいぞうこ

いまさけんだとして いつもねがったとして いつか不安定ふあんてい距離きょりえてこうよ
いくつものよわさも見捨みすてないでれてこう つき冷蔵庫れいぞうこ

れてこう つき冷蔵庫れいぞうこ