「真昼の月」の歌詞 いきものがかり

2009/12/23 リリース
作詞
山下穂尊
作曲
山下穂尊
文字サイズ
よみがな
hidden
真昼まひるつきひかりびても ことごとえてくまぼろし
つたなみだ今宵こよい綺麗きれいで とめどなくあふれてはえる調しら

おもせてがるひと きみぞそれをねがえどびと
めぐ四季しき中誰なかだれふて 一人夕凪ひとりゆうなぎゆびわす

黄昏たそがれ風吹かぜふまぬよう まぶた裏側うらがわいのりをして
一抹いちまつゆめゆだ白々光しらじらひか

真昼まひるつきひかりびても ことごとえてくまぼろし
つたなみだ今宵こよい綺麗きれいで とめどなくあふれてはえる調しら

ゆるはなのひらにとて やがてそれもてるさだ
かすきみよいつぞえて かくもむなにまた時間とき

数多あまた光色褪ひかりいろあせぬよう 揺蕩たゆと星々ほしぼしをはた見上みあげて
永遠えいえんゆめむねしずかにかぶ

たぎ生命いのち岸辺きしべわたれど きみ辿たどかずしては眼醒めざめる
はなねがいは今宵こよい綺麗きれいとどかずともあふれるあわ調しら

真昼まひるつきひかりびても ことごとえてくまぼろし
つたなみだ今宵こよい綺麗きれいで とめどなくあふれてはえる調しらべ とめどなくあふれてはえる調しら