「茜色の約束」の歌詞 いきものがかり

2007/10/24 リリース
作詞
水野良樹
作曲
水野良樹
文字サイズ
よみがな
hidden
茜色あかねいろした だまりのなか 無口むくちかぜが ふたりをつつ
歩幅合ほはばあわせて ある坂道さかみち いつもあたしは いかけるだけ

つまずいたり ころんで いてみたり けっして うまく きれる あたしじゃないけど
あなたがほら あたしの くから こわがる こころつよくね なれるよ

だから

いて わらって つないだこのかさねた言葉ことばけない 約束やくそく
あなたに 出逢であえた あかねそらに ほら あのと おなじことを ねがうよ

ときはいつでも 葉散はちるように らぬを すりけていく

ひとつひとつ 季節きせつぎていくけど あと いくつの おもいを つたえられるだろう
ありふれていた 日々ひびさえ もどせはしない この毎日まいにち一瞬いっしゅんいとしく おもうの

だから

なみだ笑顔えがおも つないだこの幾重いくえ写真しゃしんけない おも
あなたに 出逢であえた あかねそらに ほら あのと おなじことを ちかうよ

やがて「わかれ」がおとずれても ふたり すべてを めていく
出逢であった場所ばしょ」も「いまいる場所ばしょ」も 永遠とわこころつながっている
ほら かえれば 足跡あしあとつづくよ

だから

いて わらって つないだこの最後さいご瞬間ときまで はなしはしないで
このみちさきを またふたりで
あるいていこう… あるいていこう…

だから

いて わらって つないだこのは すべての言葉ことばけない 約束やくそく
あなたと 出逢であえた あかねそらに ほら あのと おなじことを ねがうよ