「蒼い舟」の歌詞 いきものがかり

2007/8/8 リリース
作詞
山下穂尊
作曲
山下穂尊
文字サイズ
よみがな
hidden
肩慣かたならしとわらったこのこえ秘密ひみつめいたゆめ 黄昏たそがれながれしともこえしずかに
風向かざむきを味方みかたにつけただろうあおきこのふねは たおやかに身体からだ今包いまつつしずかにはし

あでやかにった一筋ひとすじなみだ ないようにしてそのかくしてしまって
わたしたちがここに意味いみがここに
さがしたものも くしたものも えてたはずの自分じぶんも…

このまま悠久ゆうきゅうつづ時間じかんにただまか
かぎりのないわたしさきをね さがそうか
もうわずかな不安ふあんにさえちいさなしあわせをねがえるでしょう
世界せかい今日きょうたしかに「いま」ととも
ささやかないのりが夕暮ゆうぐれにしてうつしていくように
あのわたしいま ろうか

ある出会であいにみちびかれしゆめなかおよぐとき憂鬱ゆううつうみ、そのさきえたかすかにひかあめ

未来みらいらばった数々かずかず出会であいや けること出来できないわかれがこわくもある
だいそれたことなんてなにえないけど
まれた意味いみあゆんだみちや ここにるのが自分じぶん

ここからはじまるすべての未来図みらいずえないけど
そのさき棚引たなびかぜ背中せなかして
さぁいまこのかぜられ 躊躇ためらいのなみだわかれを
てしのない「わたし見付みつけるたびようか
やわらかなねがいが木漏こもんであふしていくように
あのわたしいま 微笑ほほえかえ