「赤いかさ」の歌詞 いきものがかり

2012/1/18 リリース
作詞
水野良樹
作曲
水野良樹
文字サイズ
よみがな
hidden
途切とぎれたいき すこふるえてた きみ無理むりしてせたあの笑顔えがお
いつからかぼく別々べつべつとききてくなんてことにれていた

しずかにわるこのこいきみなかえてしまえば いいとおもっている
あめるこのまちで ふたりたシアワセは すべてまぼろし

きみあるいた あのかえみち いまはもうここにないけど
ゆれていた おもいまもしまってあるから
ながながれて ときながれて ぼくこころながれてく
わっていくきみに たどりけない

ちいさなまどから ひかりが やけにまぶしくおもえる毎日まいにち
わずかな勇気ゆうきこころにひそめて ダメになりそうな自分支じぶんささえてる

つぎのドアをひらいて はししたきみうし姿遠すがたとおくなる
花火舞はなびま夏祭なつまつり ふたり星空ほしぞらは すべてまぼろし

きみわすれた あのあかいかさ いまはもうここにないけど
ゆれていた あのときわすれずにいるから
ながながれて ときながれて きみこころながれてく
わりはじめたぼくは またある

きみおもいも ぼくおもいも いまはもうここにないから
ゆれていた あのころもどることは出来できない
それそれなりに いま自分じぶんしんじてみようとおもうんだよ
かがやいてるきみ胸張むねはれるように