1. 風乞うて花揺れる歌詞

「風乞うて花揺れる」の歌詞 いきものがかり

2013/7/24 リリース
作詞
山下穂尊
作曲
山下穂尊
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとひらのあのはなようかが明日あしたねがったでしょう
まぶた裏側うらがわにあるかなしみはもうった

道端みちばたにうずくまったぼくらがあいたねだとして
ひかりみずをくれたこの場所ばしょはなかそう

鼠色ねずみいろそらした青空あおぞらを」といのるけど
かくしきれないこの足跡あしあとほこりをつむいであるいてく

とおくにえた一番星いちばんぼし 西にしかう昨日きのう
あなたはまだそこにいてくれて ひがしから明日あしたってる
ずっとずっとかってたよ きみらしてくれたそのみち

そのおかかぜいて はじまる夜空よぞら見上みあげるのでしょう
またたいた星達ほしたちわらないまちらす

あいまるそらした 星々ほしぼしらばるなら
過去かこ出来できないいたみをまえ明日あしたさがしてせる

とおくにえた一番星いちばんぼし明日あしたかえるんだ」とつぶや
いつも今日きょうづいてたよ きみまもってくれたこの場所ばしょ

わらぬ気持きもちで出逢であえたあさには
もうもどれない不安ふあんかげしずかにたしかにゆるんでく

昨日きのうそらちるひかり いつかのそらにもまたかがや
あなたはまたそこにいてくれて ぼくらのむねなかにもとも

とおくにえた一番星いちばんぼし 西にしかう昨日きのう
あなたはまだそこにいてくれて ひがしから明日あしたってる
ずっとずっとかってたよ きみらしてくれたそのみち
きみらしてくれたこのみち