「sandglass」の歌詞 いしのだなつよ

2000/8/23 リリース
作詞
正岡謙一郎
作曲
馬場一嘉
文字サイズ
よみがな
hidden
昨日きのう 黄昏たそがれ
一人登ひとりのぼってみてた
まちひとも ただ
オレンジいろゆめ
一羽いちわだけぶカラス
夕日ゆうひいた影絵かげえ
えてゆくほどに
それだけがリアルで
こえにならない つたわらない
せつなさも からっぽ
かがみうつった らないぼく
くちびるからつむ言葉ことば
こぼれちるすなになる
れてしまったひまわり
もどかしくて そう
こわくなって ただ
夕日ゆうひすみうずくまる
けるちから
ぼくにください
かぜってとど
だれかのうた
ひとたち
とけてうすあかり
やみだけがひかりのありか
つたえるはず
きずついたときも
きずつけたときも
えないほしも ぬくもりの
あとさえ やすっぽい
ゆめかなえば
わりですか?
くちびるからあそぶメロディー
まちえるかぜになる
きみほほをかすめてく
とどかなくて そう
もどかしくて ただ
もるだけの砂時計すなどけい
うたわないぼく
だれなんだろう?
大好だいすきなひとゆめ
いまいろあせてるかべ
ながめてるぼくくちびる
くろりつぶして
しまえばつみですか?
くちびるからあそぶメロディー
まちえるかぜになる
きみほほをかすめてく
くちびるからつむ言葉ことば
こぼれちるすなになる
それでもぼくくよ
ぼくだから
うたえないうた
このかかえて