1. 風と街歌詞

「風と街」の歌詞 うたまろ

2008/9/3 リリース
作詞
加藤一輝
作曲
加藤一輝
文字サイズ
よみがな
hidden
まるでったみたいな しずかなまち
あのよるすこおも

つめたいかぜいやがるぼく やさしいかぜとはしゃぐきみ
いつだってぼく素直すなおじゃなくて だけど「ごめんね」なんてえなくて

きみげた「さよなら」さえ めきれないままで
かぜなか おなよる かんじていま
きみせる気持きもちがある つたえきれぬこころほら
こんなにも素直すなおになれるぼくだよ

わすれてゆくの? こんなせつなささえも
よるけるころ ひとつなくす

価値観かちかん相違そういなんて言葉ことばだけで はなしてはきずつけた
すこしずつぼくらすれちがって 今更いまさら「ごめんね」なんてえなくて

きみげた「さよなら」さえ めきれないままで
はなれてくきみをつかめずいま
きみせる景色けしきがある あのおなじようなよる
見上みあげればそらがとてもきれいだよ

おなかぜまちそら いまはもうちがぼくだから
「ごめんね」ちゃんとつたえるよ

きみげる かぜまちそら 最後さいごちかう もうかなしみもいとしさも わすれないと
そしてせる 気持きもちがある たどりいたこころ いまこんなにも
やさしいかぜかれて 素直すなおになれるぼくだよ