1. おもかげ色の空歌詞

「おもかげ色の空」の歌詞 かぐや姫

1972/12/20 リリース
作詞
伊勢正三
作曲
南こうせつ
文字サイズ
よみがな
hidden
わかれたとき おもかげいろ
そらわすれました
みかけの
グラスにうつった
そらわすれました
あのきみ
わらいさえも
うかべていた
まるでぼくの後姿うしろすがた
よろしくといながら

とおぎるかぜ
それが季節きせつ
とてもさむ季節きせつ
ガラスまど
すきみつけては
せまい部屋へやなか
なぜか
さびしい夕暮ゆうぐどき
かぜまり
そんなとき
ふとおも
やさしかったひと

いつかきみ
わすれていった
レンガいろのコート
ぼくにはすこみじかすぎて
とてもれそうにない
おもとして
きみはここに
おいてゆこう
部屋へやのあかり
しながら
またうそのまで
またうそのまで
またうそのまで