1. ペテン師歌詞

「ペテン師」の歌詞 かぐや姫

1974/3/5 リリース
作詞
喜多条忠
作曲
伊勢正三
文字サイズ
よみがな
hidden
そのおとこ恋人こいびと
わかれたさよならの
くちづけをして
かみ
やさしくなぜていた
その時男ときおとこ
こころのどこかで
あかしたしてわらった
そうさおとこ自由じゆう
とりもどしたのさ
そうさおとこ人生じんせい
ペテンだから
このいつわりも
いつのにか
ありふれたおも
すりかえるのさ

そのおとこ
女房にょうぼうをもらった
人様ひとさまもうらやむほどの
すばらしくきれいな
おんなをね
けれどもおとこ
こころのどこかで
さむかぜ
くのをった
そうさおとこ自由じゆう
手離てばなしちまった
そうさおとこ人生じんせい
ペテンだから
ひとりぼっちのしあわせを
たいくつな毎日まいにち
すりかえたのさ
そうさおとこ自由じゆう
手離てばなしちまった
そうさおとこ人生じんせい
ペテンだから
ひとりぼっちのしあわせを
たいくつな毎日まいにち
すりかえたのさ