1. 妹歌詞

「妹」の歌詞 かぐや姫

1974/5/20 リリース
作詞
喜多条忠
作曲
南こうせつ
文字サイズ
よみがな
hidden
いもうとよ ふすま一枚いちまい
へだてていま
ちいさな寝息ねいき
たててるいもうと
まえよる
よるけると
ゆきのような
花嫁衣裳はなよめいしょうるのか
いもうとよ おまえ
器量きりょうわるいのだから
おれはずいぶん
心配しんぱいしていたんだ
あいつはおれ
友達ともだちだから
たまには三人さんにん
さけでももうや
いもうとちち
ははにおまえひとり
まえひとりだけが
こころのきがかり
明朝あしたまえ
てゆくまえ
あの味曽汁みそしる
つくかたいてゆけ

いもうとよ あいつは
とってもいいやつだから
どんなことが
あっても我慢がまんしなさい
そして どうしても
どうしてもどうしても
だめだったら
かえっておいで
いもうとよ…