1. 置手紙歌詞

「置手紙」の歌詞 かぐや姫

1974/3/5 リリース
作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三
文字サイズ
よみがな
hidden
きみはまだたくさんの
紙袋かみぶくろ
かかえたままで
この手紙読てがみよんで
いるだろう
これで最後さいご
おとこまぐれとして
どこかそこらの
まどからすててくれ
きみとなら一緒いっしょ
らしたかった
二人ふたりでいつも
まってしまう
あのあかいレンガの
うちで・・・・・・・・・
ルンルン ルルル
・・・・・・・・・
今日きょうさみしさは
かぜにごまかされて
いつまでも
えそうもない
Ah・・・ぼくのほんの
ひとことが
まだ二十前はたちまえきみ
こんなに
くるしめるなんて
だからさき
ぼくの友達ともだち
いてくれ
きみにはわないで
くから
今頃いまごろはぼくも
またむかしのように
どこかのまち
カフェテラスで
ビールでも
んでいるだろう
ルンルン ルルル
・・・・・・・・・
きみかえころ夕暮ゆうぐどき
部屋へやあかりは
つけたままでAh・・・