1. 赤ちょうちん歌詞

「赤ちょうちん」の歌詞 かぐや姫

1974/1/25 リリース
作詞
喜多条忠
作曲
南こうせつ
文字サイズ
よみがな
hidden
あのころ ふたりの
アパートは
裸電球はだかでんきゅう
まぶしくて
貨物列車かもつれっしゃ
とおるとれた
ふたりに似合にあいの
部屋へやでした
おぼえてますか
さむよる
あかちょうちんに
さそわれておでんを沢山たくさん
いました
つき一度いちど
ぜいたくだけど
さけもちょっぴり
んだわね
あめがつづくと
仕事しごともせずに
キャベツばかりを
かじってた
そんな生活くらし
おかしくて
あなたの横顔よこがお
つめてた
あなたとわかれた
あめよる
公衆電話こうしゅうでんわはこなか
ひざを かかえて
きました
きてることは
ただ それだけで
かなしいことだと
りました

いまでも時々ときどき あめよる
あかちょうちんも
れている
屋台やたいにあなたが
いるよながします
背中丸せなかまるめて
サンダルはいて
ひとりで いるよな
がします
(ルルル… ルルル…)
(アアア… アアア…)