1. さいだぁ≡ぶるーす歌詞

「さいだぁ≡ぶるーす」の歌詞 かせきさいだぁ≡

1996/9/1 リリース
作詞
加藤丈文
作曲
坪井千冬
文字サイズ
よみがな
hidden
えきはしみちあめで さらさらとかわよう
がる 水溜みずたまりのなつわりの 苛立いらだちもれて
めきったボクの視線しせん
グッショリおもくなった スニーカーのわき ながれてえる サイダー紋様もんよう
したたるあめ涙模様なみだもようみせた
えきはしみちあめれねずみのボクをたたきつけたあめ
このれた踏切ふみきりで いつまでもちつけるあめ
本当ほんとうおもったことはじめてったときようにもう一度いちどなんてえるハズないのさ
なつはじまりのころようには

あたらしいそのスニーカーはキミにはあざやかぎた
そのりすぎたかみもなんだか まるで 少年しょうねんみたいだ
そんな言葉ことばでからかいあいジャレあった あのおももにじむ
なつわりのあめいてるキミはぶるーす
とおくて キミのかたけやしない
あめ汽車きしゃはキミをとおく ぬくもりもボクをつつんでくれやしない
あめれた 水彩画すいさいが
水滴すいてきのついたサイダーのびんほおにあて つめたいとってわらった
キミのあのなつは もうにじんで ぼやけた さいだぁ≡ぶるーす
.
.

二人ふたりなかに(さいだぁ) さいだぁ≡ぶるーす
二人ふたりなかに(さいだぁ) さいだぁ≡ぶるーす(さいだぁ≡ぶるーす)
りし日々ひびこうに(さいだぁ)
二人ふたりあめる さいだぁ≡ぶるーす(二人ふたりあめはふるーす)
二人ふたりなか

はなばなれのときがボクラをえてしまう
なつ喧騒けんそうなみがさらう むしうた月明つきあかりのした わか
まえとはちが街路樹がいろじゅてば
まち季節きせつかう 木枯こがらしにかれ すなぼこりをはら
てもなく さまよはるあめなかさきめず
えきはしみちあめれねずみのボクをたたきつけたあめ
このれた踏切ふみきりで いつまでもちつけるあめ
本当ほんとうおもったことはじめてったときようにもう一度いちどなんてえるハズないのさ
なつはじまりのころようには