「じゃっ夏なんで」の歌詞 かせきさいだぁ≡

1996/9/1 リリース
作詞
加藤丈文
作曲
多摩川貞夫
文字サイズ
よみがな
hidden
ボクが随分素早ずいぶんすばや汽車きしゃから りたタメ くもがしたくらいさ
梶井基次郎かじいもとじろう檸檬れもんなかてくるようなまちなか
ほこりっぽいにおいがめる とおあめのアトで
又鳴またなききだしたせみ声響こえひび路次ろじ駒絵こまえしたかのよう
とおくからこえるまつ囃子ばやし 背筋せすじばした 向日葵ひまわり
よこける少年しょうねん水溜みずたまりをまたいでから
丁度ちょうどそこのかどまがる ボクの視界しかいむのは
どこか大人おとなびたキミと モコモコと ソフトクリームのような入道雲にゅうどうぐも

今迄いままでダンマリをんでた風鈴達ふうりんたちさえ いきおいさわぎだしたのは
ボクでさえはじめてる キミの浴衣姿ゆかたすがた所為せいだけじゃなくて
その口元くちもとスッとかれたべにねつかされたボクが
かぜをこうドッとあたりに こしたからさ
神社じんじゃへのみちは ちょっとしたにぎわいをせ ユラユラえる 陽炎かげろう蝉時雨せみしぐれ
浴衣姿薄化粧ゆかたすがたうすげしょうのそのほんの一寸紅ちょっとあか口唇くちびる所為せい
のどはカラカラさ(嗚呼ああ さいだぁがあればこんなは…)
でもキミのリクエストにこたえシャクシャクと キミと一緒いっしょべるカキごおり

よるともなれば 二人ふたり誘蛾灯ゆうがとうさそせられる 虫達むしたちごと
まつりにかう人波ひとなみなか「ウスバカゲロウさ キミは」
ボクのつぶやごえ薄化粧うすげしょうなおした キミがくとしたら
湯上ゆあがりのシッカロールのにほいをほんのすこしだけフワッと夜風よかぜせる
または"なつのFlora"
カラン コロン 鳥居潜とりいくぐり カンラカンラとわら声響ごえひび境内けいだい尺玉花火しゃくだまはなびくわわり
キミの口唇くちびる べにかんだ ホラ鹿しかなつ夜空よぞら!
かえみち川原かわらはコロコロと河鹿鳴かじかな
くちせる リンゴアメ