「冬へと走りだそう」の歌詞 かせきさいだぁ≡

1996/9/1 リリース
作詞
加藤丈文
作曲
渡辺慎,木暮晋也
文字サイズ
よみがな
hidden
750セブンファイブオーライダーのように うみいそぐので
委員長乗いいんちょうのせて わだちのこして かぜになるのです
アスピリン片手かたてのジェットマシーン そんな気分きぶん
Bye-Bye もうつかれたよ
夏休なつやすみのおわりのような毎日まいにちに は、もう ウンザリ
小鳥ことりがどこかでまばたきするおとも ボクにはちゃんとこえてるさ
二十はたちぎた自慰行為じいこういだってことわかってる つもりさ
750セブンファイブオーライダー気取きどって かぜむかって こううんだ
さぁ アスピリン片手かたての「ジェットマシーン」「ジェットマシーン」「ジェットマシーン」
そんな気分きぶんなのです
かぜになった オレがはしけるぜ!!)
750セブンファイブオーライダー かせきさいだぁ かさあわはしるボクさ
煙草たばこにおいのシャツに そっとりそう キミと
Shout to the Top! Shout!! とかいって じつはまだ布団ふとんなか
ねむたげなボクに マーメイドいわく「すす海賊かいぞくともに」だってさ
季節きせつハズレの花火はなび場違ばちがいな拍手はくしゅおくつづけるさ
プラネタリウムで アングリくちあけ バカづら してるのもボクさ
かせきさいだぁ 気取きどったおとこは キミのまえでこおいうのさ
Shout to the Top! Shout!! とかいって
じつは まだ炬燵こたつなかさ なんてね

ふゆへとはしりだそう いつかみちとおって
いきこおりそうなあさに そうさ ボクも きっとそうするとも
やぁ あさ日差ひざしにおこされたようさ とおった 宝石ほうせきよう
さぁ 750セブンファイブオーライダー気取きどって ふゆへとはしりだそう

タプタプしたほお ピンクいろめて
サクサクザクザク霜柱しもばしら んで
はしはしる このうで グルングルンれば〝ひゅいごぉ ひゅいひゅい ひゅい ごぉ〟
かぜはかせきさいだぁ 邪魔じゃまなオマエをおもいったお
ボクは ハ・イ・ホー 最高さいこうに ゴ キ ゲ ン さ