「土曜日のかせきさいだぁ」の歌詞 かせきさいだぁ≡

1996/9/1 リリース
作詞
加藤丈文
作曲
木暮晋也
文字サイズ
よみがな
hidden
土曜日どようびは かせきさいだぁ いつも土曜日どようびは かせきさいだぁ
ボクの時間旅行じかんりょこうはじまるよ さいだぁ yeah! come on さいだぁ

かせきさいだぁをして 石段いしだんのぼって 木漏こもなかすすんで
ソバカスのキミをさがすよ
むかし曲口遊きょくくちずさんで 夜長電話よるながでんわ 約束やくそくして
土手沿どてぞいを キミと二人ふたりあるきたいよ わらいたいよ

時間じかんまった喫茶店きっさてん1人ひとりせきいて
ボクはさいだぁのあわのぼっていくのを ながめて ながめて 時間じかんながれて そして
さいだぁはあふおもてみちまで サァーッと ひろがって
まちをさいだぁがひたして ボクまでたして キミにむかって
およいでいく ボクはイルカのようだよ 時間じかんさかのぼいにいくよ
路面電車ろめんでんしゃは ゆっくり ゆっくり 無賃乗車町むちんじょうしゃちょうくのさ
ボクは さいだぁのうみ嗚呼ああボクはさいだぁのうみおよぐよ
はししたてた バスでキミは 洗濯せんたくをしているだろうよ

みずってないプール いつもみずってない プールのうえ
ボンヤリうかんで ボンヤリ キミのことかんがえるよ
キミにったら なんおう なにはなそう どんなかおしよう
はししたてた バスまで キミの部屋へやに ついてかんがえよう
こじんまりとした部屋へやは いつでも ひかりびて
あわいろした座席ざせきを いつもあたためるハズさ
まどそとでは 洗濯物せんたくものれるよ キミのスカートもれる ようにね
やぁ そろそろ はし到着とうちゃくかぜはこばれたって 寸法すんぽう
ボクはキミのちかくまできてるよ さいだぁにつかった 街並まちなみ 見下みおろし
螺旋状らせんじょう えがいてまわる さいだぁのあわは ボクをころがし
洗濯物取せんたくものとむ キミのほお何時いつしか 夕焼ゆうやけにまり
やがてまちおなじように キミのバスにも ゆっくりとりるよるとばり キミをつつ

バスかられるひかりなかあそうかぶ キミのかげを さいだぁのうみから
いつまでもながめていようとおもうんだ そしてボクはむねきつけるよ 鼻唄はなうた うたう キミの横顔よこがお
かぜれる キミのスカートなんか なんて形容けいようしたらいいんだ
キミのいる あの風景ふうけいを そうさ はししたてたバスを
キミのいる 部屋へやゆからばる ビーだま

土曜日どようびは かせきさいだぁ いつも土曜日どようびは かせきさいだぁ
ボクの時間旅行じかんりょこうはじまるよ さいだぁ yeah! come on さいだぁ