1. 相合傘歌詞

「相合傘」の歌詞 かせきさいだぁ≡

1996/9/1 リリース
作詞
加藤丈文
作曲
川辺ヒロシ
文字サイズ
よみがな
hidden
めずらしく天気予報通てんきよほうどお
あめ猫街商店街通ねこまちしょうてんがいどお
クチュ クチュ チューインガム んで
チャプチャプ 相合傘楽あいあいがさたのしみ
じゃ黄色きいろのレインウェアそして
時折ときおり 時間気じかんきにしては
吐息といききり
キミのえきまで
シェルに雨粒蹴あまつぶけ
スーパースター
スクーターはしる スケッチのまち
キミを噴水越ふんすいごしに ボクは
だまって つめてる
おぼろげなゆめ渦巻うずま
影法師かげぼうしのない世界せかい

かつての憂鬱ゆううつ昂奮こうふんつつ
やみ雨粒あまつぶ銀河ぎんが
キミはそんなコトっちゃないさ
影法師かげぼうしのないボクと
りそうキミがいた

ザー あめまわりのおと
ザァザァりになりそうなよるです
くろみがひろがるまち
ヤァ 相合傘道行あいあいがさみちゆ
キミのつめたくなった
何気なにげにぎるボクは
こうかんじてる
キミのれたれたかみ
ボクのあゆみもみだれるよ
こんなよる

ビービードロドロ ビードロの
はじきコロコロひろうキミの
ほのかなかおりに くら
してるボクを余所よそにキミは
ネェ おはじきなんかのぞいて
どうしたっていうの?
「さぁはやく ささなかはいりなさいよ」
ボクのこえ 下水げすいなが
なんだかキミは途惑とまどってるんだ
ネェ ボクは どうも
風邪かぜいちゃったらしいんだ
ホラネ うそじゃないだろう
路面電車ろめんでんしゃうかんでくよ
銀河ぎんがへ…‥と』
ネェ ホラうそじゃないだろう
ウソデヌリカタメラレタペテン
どうでもいいよな ジョークさ
ナンチャッテ ゆめ途切とぎれた
このむなしさっていうの?

ザーあめ過去かこあらなが
1分前いっぷんまえ過去かこ 2分前にふんまえ過去かこ
ザァザァ 2人肩寄ふたりかたよせてあるきだす
わらごえだってうまれるさ
キミのわらがおからこぼれた
とても カワユイので‥‥いや
よくると 糸引いとひ唾液だえき
エロチック なんて言葉思ことばおも
こんなよるです

"わたしは おまえ
こんなものをやろうとおも
1ひとつはゼリーだ
ちょっとしたひと足音あしおとにさえ

いくつもの波紋はもんおこ
かぜいてくるとさざなみてる
いろうみあお御覧ごらんそのなか
いくつもさかなおよいでいる"

キミのむねかおをうずめて
きな小説しょうせつ一編いっぺん
おも苦笑にがわら
クスクス頬擦ほおず
フワフワ ランデブーたのしみ
暗闇くらやみうかんだ キミのからだはまるで
火星かせい火星かせい運河うんが
キミはそんなコト っちゃないさ
ボクだって なんにもわかっちゃないんだ
影法師かげぼうしのない自分じぶんえんじてる
ボクに 徐々じょじょ徐々じょじょ
おおかぶさるのは キミのかお
それから あつ口付くちづ
ボクののぞんでなにいたそう
でも一寸静ちょっとしずかにしよう
窓硝子まどがらす たた雨音あまおと
また すこつよまってきたみたいだから

ザーあめまわりのおと
ザァザァりになりそうなよるです
くろみがひろがるまち
ヤァ 相合傘道行あいあいがさみちゆ
暗闇くらやみうかんだ キミのからだはまるで
火星かせい火星かせい運河うんが
キミのくろくろ下着したぎ
ボクのねむりもみだれるよ
こんなよる