「苦悩の人」の歌詞 かせきさいだぁ≡

1996/9/1 リリース
作詞
加藤丈文
作曲
亀井雅文
文字サイズ
よみがな
hidden
まえひとうしろのひととなりひと他人たにんひと
げろよげろうしくな はる彼方かなたにゃオホーツク
あか浜茄子はまなすうみてます いています
ボクラのなみだれたころです (おはいりなさい)がと

かく事止ごとやめよう 明日あすからそうしよう すべける 自分じぶんになろう
布団ふとんもぐみ ゴロゴロころがり 今迄生いままでいかた これからかた
人々ひとびとあせなかあせ小鳥戸惑ことりとまど粉雪散こなゆきちらつく
こうべれた骸骨がいこつまよ粉雪散こなゆきちらつく まちをさまよ
空飛そらとぶボクラの思想しそうとおく ピレネー山脈さんみゃく ふもと ただよう
アビィ・ロードふうあるこう アビィ・ロードふうあるこう
アビィ・ロードふうあるこう レロレロ山道やまみち散歩さんぽしたら
ほろ気分きぶん前転ぜんてんしたら ベロベロ火星かせい運河うんがにしたら
いまボカァ こうしているんだなぁ こうしてレロレロしてるんだなぁ
でもあさ めたら やなぎ主人しゅじんになっているのもいいかもなぁ

うつろなをしたとなりのジョンは 何ヵ月なんかげつまえんでしまった
むらさきハンテンびょう ヒトコロリか? 死因しいんはボクにはわからないけど
かれがもう このないということをみるよりもあきらかなのであって
その事実じじつだけはこのマーチンさええることなど出来できないのであって
ボクはもう 本当ほんとうつらいです 本当ほんとのよいこととはなんなのです?
なんて寝惚ねぼまなこかんがえても 睡魔すいまつつまれてしまうのです
ボクはもう 本当ほんとうつらいです 本当ほんとのよいこととはなんなのです?
なんて 寝惚ねぼまなこかんがえてみても

くとボクはだれかと何処どこかの 防波堤ぼうはていうえに いるようなのです
群青色ぐんじょいろした それはもうふかあお あおいろかれたボク
うみナドデナイ そらナドデナイ) それをみとめる 自分自身じぶんじしんいや
鼻孔びこうさけしたべろのふるまぶたあたねこあしうら
恐怖きょうふられた ボクのこころ ボクのカラダ ボクのスベテ
ブルブルふるえた ボクの両足りょうあし ボクの両手りょうて ボクのアタマ
いつも何処どこでもだれかにわれてる そんながする 今日きょう 日曜日にちようび
かれこたえはこう すがまますがぱぱすがまま

アビィ・ロードふうあるこう