「歌いたい」の歌詞 かとれあ組(AKB48)

2014/11/26 リリース
作詞
秋元康
作曲
ANDW EYE
文字サイズ
よみがな
hidden
わたしいま うたはじめる
かすかなひかり
をそっとばして
孤独こどく暗闇くらやみあるすその勇気ゆうき
どこかにさがした

だれかがここではいていなくても
わたししんじてる
このかべこうに
ひろがった大地だいちはて
太陽たいようのぼってやがてすと…

どんなかなしいことでも どんなくやしさも
理由りゆうにはならない
それが大事だいじゆめなら
あふれるなみだぬぐわず
わたしにできること
こころのすべてをさらしてうたうよ
えない場所ばしょでもだれかにとどくはず

わたしいま うたはじめる
昨日きのう自分じぶん
決別けつべつするために
まえだけをつめておなかから声出こえだして
かぜせようか

だれかが世界せかいのどこかでいてると
わたしねがおう
みんなの歌声うたごえ
ノイズにかきされても
大切たいせつなそのひとおもうだけでいい

どんなちからがなくても どんなちっぽけでも
あつまればメッセージ
無理むりゆめてようと
ごとなんかはわずに
できることをやるんだ
ちいさな一歩いっぽあゆしたそのとき
まよってただれかの背中せなかすだろう

わたし一人ひとりじゃないんだ 仲間なかまたちがいるよ
ときにはつまずたおれてきずついても
かたりてがり
あいったちから
うたつづける

どんなかなしいことでも どんなくやしさも
理由りゆうにはならない
それが大事だいじゆめなら
あふれるなみだぬぐわず
わたしにできること
こころのすべてをさらしてうたうよ

かべ隙間すきまから ほそひかりれて
やみなか
希望きぼうはそこにあるんだ
らない世界せかいこうから
あいとどいて
だれかとだれかが一緒いっしょうたってるのか
きているそのかぎわたしうたいたい