1. 天真爛漫高襟姫歌詞

「天真爛漫高襟姫」の歌詞 かぴたろう,初音ミク

2015/1/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼんやり 月夜つきよ洋酒ようしゅあおって
まったり月見つきみざけ
街灯がいとう点灯てんとうキラキラまちひかって
蛍火ほたるびばたけのさながらで

行進こうしん邁進まいしん 異国いこく兵隊へいたいさんは
ラッパをパッパラらし
折衷せっちゅう熱中ねっちゅう まげなら御免ごめん
文明開化ぶんめいかいかおと

あゝああくついて
あゝああ繁華はんかまちけて
あゝああタッタラきみける
一寸先いっすんさきえぬ

ほら

うるさいしがらみはらって
らないあらたをまとって
あの天真爛漫てんしんらんまんはいひめ
あっちもこっちも皆々みなみなきゃ

再三さいさん散々さんざん こいふみ
バッグに丸々まるまるんで
恋々れんれん おとこおんな色恋いろこいなんて
天運てんうんまかせの花合はなあわせ

あゝああとおくの故郷こきょうおも
あゝああ東京とうきょうゆめ
あゝああもっぱらきみのことで
まためぐめぐあたまのうえ

ほら

しがないこのうらんだって
しゃあないなんにもなりゃしないね
おどおどるるあのはいからひめ
うらみつらみもわすれさせるから

このままときぎて
その真中まんなかれて
あゝああ今日きょうやら昨日きのうやらのことわす
まためぐめぐるがひとつね

ほら

うるさいしがらみはらって
らないあらたをまとって
あの天真爛漫てんしんらんまんはいひめ
あっちもこっちも皆々みなみな

そら

あのもこのおどおどるる
和洋折衷わようせっちゅう純情じゅんじょう可憐かれん
天真爛漫てんしんらんまんはいから嬢様じょうさま
ねがはくば あこがれの
姫様ひめさま