1. 我が良き友よ歌詞

「我が良き友よ」の歌詞 かまやつひろし

1975/2/5 リリース
作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
下駄げたをならしてやつがくる
こしぬぐい ぶらさげて
学生服がくせいふくにしみこんだ
おとこにおいが やってくる
アーゆめよ よきとも
おまえ今頃いまごろどのそらした
おれとおんなじ
あのほしみつめて何想なにおも
可愛かわいあの
こえかけられて
ほおをそめてた うぶなやつ
かたかせば下宿屋げしゅくや
おばさん
酒持さけもってやってくる
アーこいよ よきとも
おれいまでも
このまちんで
女房にょうぼ子供こども
きながらも
きている
おとこらしさとひと
おまえのかおかぶ
ちからずくだといながら
女郎屋通じょろやがよいを自慢じまんする
アーゆめよ よきとも
ときながれを
うらむじゃないぞ
おとこらしいは
やさしいことだと
ってくれ
家庭教師かていきょうしのガラじゃない
かねのためだといながら
子供相手こどもあいてひとみち
人生じんせいなどをおとこ
アーゆめよ よきとも
便たよりしたため
さがしてみたけど
暑中見舞しょちゅうみまい
かえってきたのは あきだった

ふる時代じだいひと
いまむかしおれ
バンカラなどと口走くちばし
ふる言葉ことばくやみつつ
アーともと よきさけ
ときうれいて
みあかしたい
いまむかしもこのさけつげば
心地ここちよし
学生達がくせいたちとおりゆく
あいつほどでは ないにしろ
まじめなのさと
いたげに
かた風切かぜきってんでゆく
アーともよ よきやつ
いまらしに
あきたら二人ふたり
ゆめをかかえて
たびでもしないか あのころ