「ナナ」の歌詞 かりゆし58

2009/4/8 リリース
作詞
前川真悟
作曲
前川真悟
文字サイズ
よみがな
hidden
道草食みちくさくっていこう 1ひと大事だいじはなしがあるから
ポケットのおくしのばせたちいさなはこなかひか永久とわちか

きみ出会であったのは ひどくあつかったなつ
8月はちがつかぜれてたきみながかみと よくわらおおきな

はじめたころわらえるくらいにかねがなくて
デートはいつもコンビニの駐車場ちゅうしゃじょう
ぼくがかしたタバコのけむりそらえてくのを
ながめてきみは『綺麗きれいだね』ってつぶやいた

ナナ 気付きづいたよ 大切たいせつひとはこんなにもちかくにいるんだね
ナナ きみだけさ ほかにはなにもいらないよ きみがそばにいれば
うすっぺらなサイフにきみ写真しゃしん 時々眺ときどきながめてニヤついている
すべてをかけてでもまもるべきものをつけたよ

かさねた日々ひび ときにすれちがきずつけあった
素直すなおになれずに きみ何度なんどかせてしまったね
本当ほんとうにごめんよ

些細ささいなことがきっかけで ケンカしたあとにはいつも
意地いじリなぼくの背中せなかきみ
つついて「まだおこっているの?」ってわらうから
ぼくもつられて一緒いっしょわらってしまったね ナナ

きみつくってくれる料理りょうりあじも それをかいってべるきみかお
そのあとそべって ドラマをなからダラダラごしている時間じかん
仲直なかなおりのしるしの抱擁ほうようきみのハニカミわらいも ぼけがお
すべていとしい もうまよわない
だれよりもしあわせにしてみせる
ただきみだけを

ナナ あいしてる これからつづいていく日々ひびぼくってくれないか
ナナ いつまでも ぼくらはずっとわらずにつないでいよう
そのとき2人ふたり左手薬指ひだりてくすりゆびひか永久とわちか
ってくれないか この指輪ゆびわを このあい

ってならんだ 水色みずいろとピンクのブラシ
おはようもおやすみも きみのそばでずっとずっと