「会いたくて」の歌詞 かりゆし58

2010/7/14 リリース
作詞
前川真悟
作曲
前川真悟
文字サイズ
よみがな
hidden
何年経なんねんたっても一緒いっしょ大事だいじなものはわらない
きみ出会であったあのなつぬまでわすれやしないだろう
やたらとゆめかたっては かうふりしてげてた
あのころぼく姿すがたきみにどうえたかい?
県道けんどうふるいバス 停留所ていりゅうじょかすんだ文字もじ
ギター1本いっぽんじゃ世界せかいえられるはずなどなかった
きゃくもまばらなライブハウウス こわれかけのミラーボール
ぼく拍手はくしゅをくれるのはいつもきみだけだった

かぞえきれないくらい傷付きずつけて かぞえきれないくらいゆるされて
おもえばぼくはいつもきみのことたせてばかりいた

いたくて いたくて おもいをうたつづれば
いとしくて こいしくて こぼれるしずくとおいあのうみいろ

運命うんめいなんてからない ほんの些細ささいなきっかけで
なにもかもわってしまう なくしたあと気が付きづくのさ

午前2時ごぜんにじのスクランブル ねむらないまち喧騒けんそう
らないうちぼくたちは こんなにもはなばな

ゆめつづきを ぼく今日きょううたまばゆほどひかりびて
あでやかなステージのうえぼくはどうえるの?

いたくて いたくて おもいをうたつづれば
いとしくて こいしくて よみがえるのはとおいあのまち灯火ともしび

潮崎しおざきそらあかめながら しずんでいく夕日ゆうひ
ならんでつめていた ふたりのなつ

いつのか いつのか ギターもマイクもたないぼく
きみとなりって きっとこううだろう
恋人こいびとぼくきた生涯最大しょうがいさいだいよろこびは
きみ出会であえたこと きみあいしたこと
あのなつ