「夜行列車」の歌詞 かりゆし58

2009/4/8 リリース
作詞
前川真悟
作曲
前川真悟
文字サイズ
よみがな
hidden
神様かみさまねがちからをください
どうしてもまもりたいものができました』
時々ときどき 本気ほんきでぼくがそんなことをかんがえてしまうのは
きみ出会であってから

なにをするにも中途半端ちゅうとはんぱで いい加減かげんきてきたぼくが
はじめてえが未来みらいなかに ただひとつだけるがないみちしるべ
やっとつけたよ

夜行列車やこうれっしゃ はしはし
ひとりぼっちのよるえて
夜行列車やこうれっしゃ はしはし
きみまちへとかって

言葉ことば出来できないおもいのぶんだけ きみのそのにぎるよ
つよつよ

いて わらってをかえして つかれたらってねむって
ぬくもりをそっとって
何年経なんねんたってもわることなく2人ふたりはきっと
しあわせなままでいるでしょう

ながながたびてに 場所ばしょがどこでもいい
きみがそばにいてくれれば
ぼくのそばにいてくれれば

夜行列車やこうれっしゃ はしはし
ひとりぼっちのよるえて
夜行列車やこうれっしゃ はしはし
きみまちへとかって
夜行列車やこうれっしゃ はしはし
かかえきれないくらいのおもいをせて
夜行列車やこうれっしゃ はしはし
きみまちへとかって