「恋唄」の歌詞 かりゆし58

2007/4/23 リリース
作詞
前川真悟
作曲
前川真悟
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくらはまだなつわかれをげられなくて
そのことにさえおびえていたから
それぞれのむねおくにしまいんだいたみを
らないままに それでもった
ただぎて日々ひびながれにさからうすべなどるはずもなく
未来みらいはあまりにもたよりなくふるえていた
言葉ことば無力むりょくこころつたえられないまま
2あいだって やがてえていく

砂浜すなはまうえいたちかいは だれ気付きづかれることもなく
しずかにせてはかえなみにさらわれていく
いつのぼくらも わした言葉ことばさえわす
そのおもこと出来できなくなるのかな
ながなが孤独こどく旅路たびじうえで ほんのわずかなときでも
ってあるひとてくれるよろこびを
かんじながらもぼくらは上手うまはなせないまま
ふたならんだ恋心こいごころ夜空よぞらせた

ぼくらは裸足はだしのまま 初恋はつこいけた
なつ陽射ひざしのしたはる銀河ぎんがのほとりで
不確ふたしかな永遠えいえんむすんだ小指こゆび宿やどれば
月影つきかげとうげよるしずかにしずかにけていく

季節きせつなか ふたつのかげ
かなしいほどぐに 永遠えいえんしがった

月影つきかげとうげほし
2ってある
しあわせのかけらをひろあつめて辿たどみち

かえ