1. 手のなる方へ歌詞

「手のなる方へ」の歌詞 かりゆし58

2013/9/11 リリース
作詞
新屋行裕
作曲
新屋行裕
文字サイズ
よみがな
hidden
いたいことはやまほどあるがこのへん一旦いったんどうだろうか
これからはじまる物語ものがたり一緒いっしょうたわないか

のなるほう

しあわせはやがてふうなか
いつまでもつづものではない
だれかにおしえてもらってないけれど
それくらいはっている そうわかってる
沢山たくさんよるはじまりにふるえる
やっとにしたものすなみたいなものだが
うそかためたどろ団子だんごよりはいよ
たたかいますか」それとも「げますか」
どっちにしろなみだながれる
さぁわすれようこえるだろ

のなるほう

ねがごとひとかなえてもらうとき
多分たぶんひとつはえらべないよ
どうでもいいことにしてしまういつからだろ
なにかしらの恐怖きょうふ出来できなくなっちまった
あゆこと れること
本当ほんとうこと

いまにもたおれそうになっているやつ
「がんばれ」としかってやれないんだ、ごめんな
くやしいよくやしいさ
だからさけつづけるんだ
みみをすませばこえてくるだろ

のなるほう