「流星」の歌詞 かりゆし58

2011/7/27 リリース
作詞
前川真悟
作曲
前川真悟
文字サイズ
よみがな
hidden
本当ほんとはこのまま ずっとこのままで
時間じかんまってしまえばいいのに
そしたらぼくらは もうなにこわさずに
もう何一なにひとよごさずにいれるのに

にしたものより もっとうしなったものが
絶望ぜつぼうするほどたくさんあるよな
マリア このまちじゃあたとだれかがんでも
ほんのすこ電車でんしゃおくれるだけ

いまちょうど故郷ふるさとそら手紙てがみいているところさ
初恋はつこいのあのひとらないだれかとむすばれるけれど
どうかおねがしき当日とうじつにはあめらせないでほしい』

いつかはそれぞれ 別々べつべついのち
旅立たびだってく「さらば さらば」っていながら
ぼくよろこびをうたえるのは あまりにかなぎるだれかのためさ
この世界せかい一粒ひとつぶたね

言葉ことばわだちさ そのいた日々ひび
まれてきたのは間違まちがいじゃない」とってよ
だれかがのこしたその最後さいご言葉ことばだれかの未来みらいえる」とってよ

『まだこのまちのことをきでもきらいでもないけど
ふゆ夜空よぞらからりてくるしろゆきいきほど綺麗きれいはかなくて
いつのかあのしまうえにも らせてほしい』

だれもがそれぞれ別々べつべついのち
旅立たびだってく「さらば さらば」っていながら
ぼくよろこびをうたえるのは とどくことのなかったいのりのためさ
この世界せかい一粒ひとつぶたね

本当ほんとはこのまま ずっとこのままで
アナタのとなりたいけど
おも今日きょうもまたひとつとしをとる
さらば またいつか もうくよ