「潮崎」の歌詞 かりゆし58

2013/9/11 リリース
作詞
前川真悟
作曲
前川真悟
文字サイズ
よみがな
hidden
おにごっこみたいならしの片隅かたすみ
としをとりながらとしうしなって
いつか ぼくらはそれぞれに大人おとなになっていくのか

すべりのわるいキャリーにゆめんで
きみたせたまま東京とうきょうそらぼく
ほこりっぽいかぜかれながら 見上みあげている

さわがしいこのまち
うつ風景ふうけいはどれもきみのいないものばかり またふゆ

潮崎しおざきそら夕焼ゆうやけに あかあかまっていくのを
きみ一人ひとりているのか
あいするひとぼくうたきみのいないステージに今日きょう
まばゆいほどのひかりびながら

ずっとわらないものなんてないよね
電話でんわきみこえふるえている
いつもきみ不安ふあんにさせてしまっていたんだね

いつかねせたいよ
ここのクリスマスにはしろしろゆきがふるんだよ 素敵すてきだろう

潮崎しおざきはまにさざなみが せてかえしずかなよる
きみなにおもうのだろう
あいするひとぼくがやがて このステージをりるときには
このなかなにのこるだろう

つけたもの くしたもの
ひかりかげなか はしけて 最後さいごにはきっと

潮崎しおざきそら夕焼ゆうやけに あかあかまっていくのを
きみとなりていたい
あいするひとぼくかえきみのもとへ まようことなく
そしてちいさなにぎりしめる それがすべぼくすべ