「電照菊」の歌詞 かりゆし58

2011/7/27 リリース
作詞
前川真悟
作曲
前川真悟
文字サイズ
よみがな
hidden
電照菊でんしょうぎくひかりよるとばりらしてくれないか
大切たいせつひとがいつか夜道よみちまようことなくかえりつけるように

なにもない田舎町いなかまち芽生めばえたアナタとぼくこい
かなしいほどまよいがなくいたいほど無垢むくだった

しのわかれの時気付とききづかないふりでやりごした
アナタのそのちいさなつよつよにぎった

ほたるひかりあつめて夜道よみちあるくような
たよりないゆめにぎめて アナタはとおまちへとかう

電照菊でんしょうぎくひかりよ まばゆいほどにらしてくれないか
ただひたすらきだった あなたのなみだけっしてたくはないから

あいすること』『しんじること』2人ふたりをつなぐ最後さいごいと
あまりにもたよりなくてこころつづけた

ふゆえて はるぎてながながなつわるころ
アナタはすこしかすれたこえこいわりをげた

アナタがったよるいまでもおぼえてます
アナタもきっとこのひかり夜空よぞらうえからていたのでしょうか

電照菊でんしょうぎくひかりとどかないまちよるは アナタをどんな気持きもちにしますか?
いまひどくアナタのこえきたいよ

電照菊でんしょうぎくひかりよ この暗闇くらやみらしてくれないか
大切たいせつひとがいつか夜道よみちまようことなくかえりつけるように