「青春よ聴こえてるか」の歌詞 かりゆし58

2013/5/8 リリース
作詞
前川真悟
作曲
かりゆし58
文字サイズ
よみがな
hidden
校庭こうてい片隅かたすみとおをした青春せいしゅん
あいつらはいまどうしてんだってぼくいてきた
まあぼちぼちやっている もういいとしにもなったし
こたえたらなんだかさみしげなかおでそうかとわらった

そのかえりのくるまなみだとはちがなにかが
まるでいのりみたいに透明とうめいなままこぼれちた
しあわせや不幸ふしあわせそんな言葉ことばじゃ片付かたづかない
カーラジオからふるいロックンロールがむねした

永遠えいえん出会であえる場所ばしょがあるなら ほんの瞬間しゅんかんひらめきのなか

たしかめろそののこされたぬくもり ありふれたことさえいとおしくなる
さよならもわずにって日々ひびけっしてまぼろしなんかじゃない

んでしまいたいとかなにもかもなくしただとか
ぱだかまれたにはおもいもしなかったよ
あいだけじゃきられない でもあいだけはてられない
そんなことをいながらぼくはここできているよ

永遠えいえん出会であえる場所ばしょがあるなら それは瞬間しゅんかんひらめきのなか

けろあの頃追ころおいかけた未来みらいおもにしないでゆめつづ
なみだにもえずにがる灯火ともしびけっしてまぼろしなんかじゃない

青春せいしゅんこえてるか まだきみせたいつづきがある
青春せいしゅんこえてるか ゆめ残党兵ざんとうへい今日きょうさけ
めない ぶれない 誤魔化ごまかしはしない 覚悟かくごはとっくにめている
青春せいしゅんこえてるか きみをこんなところでわらせやしない