「夜鷹」の歌詞 きのこ帝国

2013/2/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
太陽たいようから何億なんおく光年こうねんのこの場所ばしょ
細胞さいぼう分裂ぶんれつをやめられないぼくらは
ほしめぐりのうたをうたいながらいてる

シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
ほしめぐりのうたえずひびいて
無数むすうかなしみとともに、すべてをよる

シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
わらうあいつのおくよごれている
手紙てがみがとどいたあさのことを
ぼくらはきっとわすれるだろう

ころすことでしかきられないぼくらは
きていることをくるしんでいるが、しかし
きるよろこびという
不確ふたしかだがあたたかいものに
まどわされつづけ、いまきてる

ころすことでしかきられないぼくらは
きていることをくるしんでいるが、しかし
きるよろこびという
不確ふたしかだがあたたかいものに
まどわされつづけ、いまきてる

シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
細胞さいぼう分裂ぶんれつをやめられないぼくらは
ほしめぐりのうたをうたいながらいてる

シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
ころすことでしかきられないぼくらは
ほしめぐりのうたをうたいながらいてる

シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
太陽たいようから何億なんおく光年こうねんのこの場所ばしょ
細胞さいぼう分裂ぶんれつをやめられないぼくらは
ほしめぐりのうたをうたいながらいてる

太陽たいよう目指めざ
太陽たいよう目指めざ
太陽たいよう目指めざ
きっとまたえるさ

ころすことでしかきられないぼくらは
きていることをくるしんでいるが、しかし
きるよろこびという
不確ふたしかだがあたたかいものに
まどわされつづけ、いまきてる

シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし

細胞さいぼう分裂ぶんれつをやめられないぼくらに
選択せんたくのときがおとずれた、いま

シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
細胞さいぼう分裂ぶんれつをやめられないぼくらは
ほしめぐりのうたをうたいながらいてる

シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
シリウス、ベガ、アルタイル、ティコのほし
ほしめぐりのうたえずひびいて
無数むすうかなしみとともに、すべてをよる