「夏の日々と親父の笑顔」の歌詞 くず

2006/11/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あのころぼくたちは 太陽たいようしたをかけまわり
ふりくひまもないほどに まえかぜかんじてた

親父おやじとやったキャッチボール ほめられるとただただうれしくて
太陽たいようのまぶしさに をこらして親父おやじ背中せなか

ボロボロになった みどりのベースボールキャップ
大事だいじにしてた 軟式なんしきボールとグローブ、金属きんぞくバット
あせだくになってあそんだ 広場ひろばのやぶれたかなアミ
いまでも こころに しまってる

あのなつ日々ひび親父おやじ笑顔えがおぼくおおきくしてくれた
あのなつ日々ひび親父おやじ笑顔えがおぼくはずっとわすれない

あのころぼくたちは 明日あしたへの不安ふあんかんじずに
ちっぽけな自分じぶんのその世界せかいを とにかくおおきくかんじてた

親父おやじったなつうみ 砂浜すなはま人々ひとびととおざかり
うちせるたかなみに しっかりとつかまった親父おやじ背中せなか

空気くうきすこけてた 2人ふたりのりのビニールボート
かぜばされて コロがりつづけるだれかのビーチボール
水平線すいへいせんに すいこまれてく でっかい夕陽ゆうひ
いまでも こころに しまってる

あのなつ日々ひび親父おやじ笑顔えがおぼくおおきくしてくれた
あのなつ日々ひび親父おやじ笑顔えがおぼくはずっとわすれない

あのなつ日々ひび親父おやじ笑顔えがおぼくはずっとわすれない